WU Sleepyhead(スリーピーヘッド)

ログイン時に登録したアプリを遅らせて起動させるものです。

WU

アプリによってはログイン項目に登録した場合に不具合が発生することがあります。そういった時に時間を遅らせて起動させることによって問題を回避することができます。

また、ログイン項目に大量に登録していると、マックの起動完了までに時間がかかってしまうといった場合にも効果があります。

Sleepyhead.appをアプリケーションフォルダにコピーしたら、同梱しているSleepyhead.prefPaneファイルをダブルクリックして、システム環境設定に登録してください。

「開発元が未確認のため開けません」と表示されたら、Sleepyhead.prefPaneファイルを右クリック(または control + クリック)で「開く」を選択してください。

pref_pane00.png

「開いてもよろしいですか?」と聞かれたら、「開く」ボタンをクリックしてください。
pref_pane01.png

注意点
登録した項目(アプリ)でログイン項目への自動登録の設定がされている場合は、自動登録の設定を解除しておいてください。

登録した項目(アプリ)が1つでもあれば、Sleepyhead.app自体を自動的にログイン項目に登録します。
ただし、Sleepyhead.appがアプリケーションフォルダの第一階層に無い場合は、自動でログイン項目へは登録しませんので、手動でログイン項目へ登録してください。

2.1.0 (2018.10.02)

  • [新規] macOS Mojave 10.14のダークモードに対応しました。
  • [新規] Apple Notary Serviceに対応(アプリ本体)しました。
  • [変更] 開発環境をXcode 10.0に変更しました。

2.1.1 (2018.10.05)

  • [修正] アラートの処理を修正しました。

使用方法はヘルプボタンを押してヘルプをご覧ください。

2.1.0よりシステム要件が10.10以降となりました。ご注意ください。
また、バージョンアップされる方は、Sleepyhead.prefPaneの方も忘れずにインストールし直してください。

Mac OS X 10.10〜macOS Mojave 10.14 GatekeeperおよびNotary Service対応(prefPaneを除く)
Sleepyhead 2.1.1(2018.10.05)

作者に連絡する

メールで返信をさせていただきますので、有効なメールアドレスを記入してください。( * が付いている欄は必須項目です)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)