WPWebPatrol〔ウェブパトロール〕

内容
指定したサイトを巡回し、ページが更新されているかをチェックする機能があります。
サーバが返した情報に更新日時の記述が無い場合は、ヒント・ピックアップ・エリア・サイズの各種機能により更新チェックを可能にする機能があります。

main_window.png

3.1.3 (2019.10.21)

  • [変更] Notary Serviceに対応しました。
  • [変更] 開発環境を Xcode 11.1にしました。

3.1.4 (2019.11.23)

  • [変更] 自動更新チェック開始までの時間に変わりはありませんが、起動時の処理を変更して見た目を変えました。
  • [変更] Safari で新規タブに表示する時は、設定に関わらず選択された状態にするようにしました。
macOS Mojave 10.14以降を利用している場合、最初にダブルクリックした時に許可を求めるダイアログが表示されるので、必ず「OK」ボタンをクリックしてください。詳しくはヘルプ(「使い方」»「サイトを指定したブラウザにて開くには」)をご覧ください。

 

使用方法はヘルプメニューよりヘルプをご覧ください。

Mac OS X 10.10〜macOS Catalina 10.15(GatekeeperおよびNotary Service対応)
WebPatrol 3.1.4 (2019.11.23)

2011年3月11日をもって基本的なサポートは終了しました。作者への連絡は緊急性のあるもののみ受け付けています。ご了承ください。

作者に連絡する

メールで返信をさせていただきますので、有効なメールアドレスを記入してください。( * が付いている欄は必須項目です)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)