WPWebPatrol〔ウェブパトロール〕

内容
指定したサイトを巡回し、ページが更新されているかをチェックする機能があります。
サーバが返した情報に更新日時の記述が無い場合は、ヒント・ピックアップ・エリア・サイズの各種機能により更新チェックを可能にする機能があります。

main_window.png

動作確認について
OS X 10.11.3

各種設定ファイルは
~(ホーム)/Library/Preferences/com.macfeeling.WebPatrol.plist
~(ホーム)/Library/Application Support/com.macfeeling.WebPatrol/内に
WebPatrol.plist
WebPatrol.storedata
を作成します。

Dropbox上にデータベースファイルを格納を選んだ場合は、
~(ホーム)/Dropbox/com.macfeeling.WebPatrol/内になります。
また、複数の環境で同時に利用しないでください。

メインの環境でDropbox上にデータベースファイルを格納したら、別の環境ではDropboxの同期を行ってからWebPatrolを起動するようにして下さい。

3.0b15 (2015.06.21)

  • [変更] 更新チェック中に落ちることがあるので、スレッド関連の処理を変更してみました。

3.0b16 (2015.07.04)

  • [新規] 正規表現での更新チェック機能を追加しました。

3.0b17 (2016.02.14)

  • [新規] ローカルなDropbox上にデータベースファイルを置けるようにしました。
  • [変更] Outline View関連ファイルを新しいものに変更しました。
  • [変更] バックアップで未来の日時のフォルダが存在した場合は削除するようにしました。
  • [修正] ブラウザのユーザエージェントを表示が動作しないことがあったのを修正しました。

3.0b18 (2016.02.14)

  • [修正] Dropbox上にデータベースファイルを格納するを選択した場合に、グループリストボックスの状態がWebPatrol.plistに反映していなかった不具合を修正しました。

使用方法はヘルプメニューよりヘルプをご覧ください。

Mac OS X 10.7〜macOS Sierra 10.12(Intel搭載機)
WebPatrol 3.0b18

(2016.02.14)

作者に連絡する

こちらから連絡をさせていただくことがあります。有効なメールアドレスを記入してください。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)